2008年01月30日

遠視矯正(子供)

遠視は特別なことではなく、子供は生まれつき遠視の子が多くこれはとても普通のことです。
成長していく段階で遠視が弱くなり、正視→近視になっていく方が多く、遠視であることのほうがむしろ正常と言ってもいいのです。
ただし眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

弱視、内斜視(遠視による)

遠視(子供の眼)がある時、焦点をあわせようと調節をします。が、その時、
眼を内側へよせる筋肉の働きがおきて調節性内斜視となってしまうことがある。
左右の眼で見る力など視力の進み具合が悪くなってしまう。
・弱視とは
眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

屈折補正(遠視)

調節力とは、近い場所にあるものを見るときの眼は、網膜上にちゃんとピントをあわせるため、水晶体の屈折を強くするという働きを持ち、眼の中にある筋肉を動かしていることです。

調節力は
眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。