2008年03月04日

レーシック、子供の遠視

子供の遠視目ほっておくなかれ!!です。

近くにいる親でさえ子供の視力目のことを知らない人が多くいます。

しかし、子供におおい眼目の病気として遠視は上げられます。そしてこの遠視の治療に悩んでいる人たちもたくさんいます。

成長するにつれ遠視は改善されていくのですが、強度の遠視の場合そのまま放置しておくと弱視や斜視の原因になるのです。

遠視の治療法は、メガネや矯正のトレーニングの他に「レーシック」や「イントラレーシック」などの手術病院でも、裸眼視力を治すことが出来るようになっています。

遠視とは、遠い誓いに関係なくピントが合っていないことのことを言うのですが、
遠くの物が良く見え、近くのものが見えないなどの誤解をしている方が結構多いのです。

幼児に遠視は多いが、成長するとともに少しずつ改善されるか、近視になっていくのです。

遠視には個人差がとても激しく、遺伝的要素もおおいのです。

で、遠視が強い場合 「イントラレーシック」など手術を含める治療が必要になってきます。

そしてここ数年矯正手術「レーシック」という遠視治療が少しずつ増えてきています。

この「レーシック手術」には、普通のレーシック手術と、イントラレーシック手術に分けられています。

イントラレーシックとレーシックの簡単な違いは、レーシックは金属製の刃を使い角膜を切開する、イントラレーシックの場合はレーザーを使います。

イントラレーシック手術は、角膜への物理的なダメージが一切ないく、夜間もクリアな視界なので光がにじまないのです。

そして細部を改良することによって、精度を高め、短時間で簡単にすむ手術が可能となっていますsoon
posted by 眼大事 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。