2008年06月19日

矯正 遠視の場合

遠視の矯正は、目の後ろで結ばれるピントが凸レンズサーチ(調べる)を使って、屈折力を強くし網膜の位置でむすばれるようにするのです。

現在、手術以外で遠視を治す方法は見つかっていないのです。

そして、残念ながら決定的な予防法もないのですふらふら

唯一の方法としては、メガネ眼鏡やコンタクトレンズ新月を使い矯正することなのです。
眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 15:19| Comment(3) | TrackBack(1) | 遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

目の機能 幼児期の遠視

子供の体の機能はいろいろ未熟なところがあります。

「眼の成長目」それは他の運動機能とまったく一緒のことです。

子供の眼目は、これらの能力が育つ途中なのです。

ですが、まだまだ子供の目に関して知らないことが多いのが現状です。

そして、普通に物が見え眼に何の問題もない親は、自分の子供の眼が普通と違って見えるという事に感覚や実感ないために、それほど真剣に治療に取り組まないという人もあります。
眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

子供の遠視と弱視

子供の目目を守りましょう。

子供の目の健康を守るためにも
正しい知識を知っておくことが必要ですよね。

近視とは、遠くの物はよく見えませんが近くがよく見えるので、凹レンズの眼鏡眼鏡をかければ、すぐに必要な視力を得ることができます。
眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

遠視(幼児)

知っていますか?

遠視は近視とおなじように病気ではないのです

特徴はというと、遠視というのは、近視と違って、成長に従い、弱くなってくる事が多いのです。

今の時代、近くの物を見る事が多い社会ですよね。

遠視によって近くを見るときにピントが合わない状態は、子どもの眼に対してとても負担をかけているのです。

遠視は、3歳児検診サーチ(調べる)で多くは見つかります。

視力の低下が疑われ精密検査をして、遠視だということが判明するのです。眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 子供の遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

遠視眼のレーシック

世界的に普及しているのがレーシック(近視、乱視、遠視など、屈折異常の手術的治療法サーチ(調べる))です。

近視を対象としたものが、大部分なので日本人の場合、

視力が悪いというのはイコール近視だということが圧倒的に多いので、レーシックは近視のケースの症例メモが多くなっています。

さてそれでは、老眼・乱視・遠視眼鏡の場合はどうなのだろう?

眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

対処法 子供の遠視

子供の遠視の対処法 について。

色々な情報がさまざまにでまわっていますよね。

子供が3歳になると検診で視力検査サーチ(調べる)があります。

このときの検診で、遠視や乱視、視力に異常が認められた場合、

メガネ眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が必要となります。

町に出かけると小さい子が度のきつそうなメガネをかけているのを時々見かけると思いますが、これは眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠視の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

レーシック、子供の遠視

子供の遠視目ほっておくなかれ!!です。

近くにいる親でさえ子供の視力目のことを知らない人が多くいます。

しかし、子供におおい眼目の病気として遠視は上げられます。そしてこの遠視の治療に悩んでいる人たちもたくさんいます。

成長するにつれ遠視は改善されていくのですが、強度の遠視の場合そのまま放置しておくと弱視や斜視の原眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供の遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

正しい知識 遠視と近視

視力良い、近視=視力悪い というのは間違いなんです。
遠視/近視はリラックスした状態でどこにピントが合ってるのかで決まるのです。
近視は眼が悪くて遠視は眼が良いと勘違いしている人も大勢いますよね。本当はこれはまったく逆なんですよ。
屈折の異常は近視も遠視も両方ともにあるのです。
遠く(テレビ、黒板、景色など)にピントがあり、近くの物を見眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

遠視(小児)

研究によると弱視や斜視の原因になりやすいことが問題になっています。
近視より頻度も多い遠視の方が小児にとって問題が高いことをぜひ知っていただきたい。
だが、大人の様に眼精疲労が無いので発見されにくく眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 子供の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

遠視、近視、老眼

近視と逆にピントが網膜より後ろにある状態のことを遠視といいます。
だから、遠方のものを見るとき遠視の人は、水晶体を厚く調節しピントをあわせる必要がある。
理想的な眼はピントが網膜上にあり普通の状態で遠くのものがみえるということです。
遠視の人の眼は眼の病気の続き
posted by 眼大事 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 遠視 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。